Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

    Category: ★草 花★

     カランコエ 越冬開始します2017

     先日のペンタスに続いて、今日はカランコエ・ベゴニア・ガジュマルの耐寒温度5℃植物の越冬を開始しました ハードニング(寒さに当てないまま室内に入れるのではなく徐々に寒さに慣れさすと耐寒性がアップする)のために軒下に置いていた八重咲カランディーバを、南向き廊下に設置のフラワースタンドに越冬隊第4陣とし赴任させました。  11月3日に確認した小さい蕾も、花茎を伸ばして少し肥大化してきました。蕾ができたあ...

     ベゴニア 越冬開始します2017

     先日のペンタスに続いて、今日はベゴニア・ガジュマル・カランコエの耐寒温度5℃植物の越冬を開始しました 今日の愛媛県南予地方は雨時々あられ、今朝の最低気温は午前7時の5.2℃と今冬一番の寒い一日となりました。夜にかけてさらに気温は下がり、明朝は3.3℃、明後日の最低気温は2.2℃になるとの予報が。そこで、耐寒温度5℃の残りの鉢植え植物の越冬を完了させることに。 昨シーズンはハードニングがキツ過ぎて3鉢...

     ペンタス 越冬開始します2017

     暦の替わる明日12月1日からまた寒くなるとのことで、今春新加入した高性ペンタス、パニックタワーの越冬を開始しました 11月中旬に年末並みの寒波に見舞われ葉がすっかり黒ずんできました。ペンタスの耐寒温度は5℃ですが、最低気温が5℃を下回った日はまだありません。俗に、人は風速1m/sにつき体感温度が約1℃低くなると言われていますので、仮に植物も同様とすれば5℃前後になった日は5~6回を数えることになりま...

     マユハケオモトの蕾から開花まで

     ヒガンバナ科の球根植物、マユハケオモトの蕾から開花するまでの23日間を追いかけてみました 一番最後に蕾をもったこれを追跡します  上側の葉の裏から剥離するように蕾ができます(葉を持ち上げて撮影)。  蕾が完全露出、この頃になると花茎も見えてきます。  花茎は明るい方に向かって伸びますので、鉢を回しながらお好みの位置へ。  雄しべがまだ伸びきっていないのもあって7分咲きです。 ほぼ満開になりました。 ...

     タマスダレの種まき

     ヒガンバナ科の球根植物ゼフィランサス・カンディダ、通称タマスダレに種ができましたので蒔いてみました開 花  8月初め頃からチラホラ咲き始め、9月のこの頃に最盛期を迎えました。  花弁は5~6枚、同じ仲間のカリナタほどは花弁数に奇形的な多様性は見られません。お盆が過ぎて朝晩が涼しくなると、純白の花弁に薄赤紫色が混じるものが現れるのも特徴です。 純白の花弁が6枚、これが標準仕様です。種  あれだけ咲いて...

     ツルボの花 2017

     ツルボが今年も花を咲かせ始めました。キジカクシ科ツルボ亜科ツルボ属の球根(鱗茎)植物です  春に葉を出して夏には一旦枯れ、秋にまた葉を出して蕾を上げる…という奇妙な生態を見せます。  蕾が色づき始め、 咲き進んできました。山道で採取して持ち帰り、数個を植え付けて今年で4年になります。1年後は1本、3年後の昨年が3本、今年は8本の花茎を見ることができました。種が飛んだのか、2mほど離れたところで自...

     ゼフィランサス・カリナタの花と種

     まとまって咲いては休み…を繰り返しながら咲き続けているヒガンバナ科の球根植物ゼフィランサス・カリナタです。珍しく種を見つけました蕾と花  猛暑にも負けず、今シーズンは4つのエリアで咲いています。種 同じ仲間のゼフィランサス・カンディダ、別名タマスダレの宇宙人の顔みたいな種ならタマ~に見かけますが、このカリナタの種を目にするのは我が家では珍しい光景です。ダンゴムシに食われないように、  秘密兵器ごき...

     ベゴニア・センパフローレンスの水挿し

     八重咲ダブレットを7月23日に剪定した際に、剪定枝を水挿しにしていました挿し穂の確保  白花・赤花共に、頂芽を付けた天挿し2本と、あえて頂芽を摘み取った管挿し1本ずつの計3本を確保しました。花が咲いた節には新芽ができません。全ての節に花が咲きましたので頂芽以外には新芽はありません。新芽が全くない管挿しは、今後新芽を吹いてくるのかの実験用です。発 根【白花】 【赤花】  1日1回水を交換していると、白...