Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

    Category: 草花

     タマスダレの種まき

     ヒガンバナ科の球根植物ゼフィランサス・カンディダ、通称タマスダレに種ができましたので蒔いてみました開 花  8月初め頃からチラホラ咲き始め、9月のこの頃に最盛期を迎えました。  花弁は5~6枚、同じ仲間のカリナタほどは花弁数に奇形的な多様性は見られません。お盆が過ぎて朝晩が涼しくなると、純白の花弁に薄赤紫色が混じるものが現れるのも特徴です。 純白の花弁が6枚、これが標準仕様です。種  あれだけ咲いて...

     ツルボの花 2017

     ツルボが今年も花を咲かせ始めました。キジカクシ科ツルボ亜科ツルボ属の球根(鱗茎)植物です  春に葉を出して夏には一旦枯れ、秋にまた葉を出して蕾を上げる…という奇妙な生態を見せます。  蕾が色づき始め、 咲き進んできました。山道で採取して持ち帰り、数個を植え付けて今年で4年になります。1年後は1本、3年後の昨年が3本、今年は8本の花茎を見ることができました。種が飛んだのか、2mほど離れたところで自...

     ゼフィランサス・カリナタの花と種

     まとまって咲いては休み…を繰り返しながら咲き続けているヒガンバナ科の球根植物ゼフィランサス・カリナタです。珍しく種を見つけました蕾と花  猛暑にも負けず、今シーズンは4つのエリアで咲いています。種 同じ仲間のゼフィランサス・カンディダ、別名タマスダレの宇宙人の顔みたいな種ならタマ~に見かけますが、このカリナタの種を目にするのは我が家では珍しい光景です。ダンゴムシに食われないように、  秘密兵器ごき...

     ベゴニア・センパフローレンスの水挿し

     八重咲ダブレットを7月23日に剪定した際に、剪定枝を水挿しにしていました挿し穂の確保  白花・赤花共に、頂芽を付けた天挿し2本と、あえて頂芽を摘み取った管挿し1本ずつの計3本を確保しました。花が咲いた節には新芽ができません。全ての節に花が咲きましたので頂芽以外には新芽はありません。新芽が全くない管挿しは、今後新芽を吹いてくるのかの実験用です。発 根【白花】 【赤花】  1日1回水を交換していると、白...

     ミソハギの挿し木苗が咲き始めました

     連日の異常なまでの猛暑続きで園芸作業もついつい遠のいてしまいます。暑いにもホドがありますネ明日から活躍開始のミソハギ 親株はもっと早く咲きましたが勢いがなく、切り戻してわき芽が展開中ですが、こちら挿し木苗は順調で、明日から活躍を開始します。 新盆を迎えるお宅では御精霊棚(おしょろだな)が設置され、子芋の小葉に乗せた洗い米に清めの水を注ぐ際にこのミソハギの花枝を使います。親戚に数本提供する予定です...

     ベゴニアセンパフローレンスの夏の剪定

     今年から仲間入りしているセンパフローレンスの八重咲ダブレットの、夏の切り戻し剪定をしておきました葉芽の上で切り戻し 花数もめっきり減り、少し間のびしてきました。  葉芽が付いているのを確認しながらその上で切り戻します。花が咲いた節には葉芽がありません。 枯れた葉や大きすぎて通気性を悪くしているような葉も取り除いて、完成です。全体の1/3ぐらいになりました  赤花の方も同様に。 最後にお礼肥として液...

     マユハケオモトの種まき ② 発芽&育苗

     やや早採り気味の種を蒔いたせいか、思いのほか長期戦になってしまいました 自分で蒔いた種ですから致し方ありませんが・・・。発 芽  どの時点を発芽と呼べばいいのでしょう、とてもユニークな発芽法をとります  “へその緒”が伸びて地面に着地すると、  先端が肥大化して球根の元ができます。  子葉が伸びてやがて種が萎むと、育 苗  毛むくじゃらの本葉が伸びてきました。  種蒔き166日目、根の長さ13mm、球根の...

     カランコエ・ミラベラの夏の剪定

     昨日の八重咲きのカランディーバに続いて、今日はベル咲きのミラベラを剪定しておきました夏の剪定 春に挿し木で増やした面々です。後列は旧年枝を挿して5月13日と22日に鉢上げしたもの、前列左は当年枝を挿して13日に寄せ植えに、前列右側は葉挿しをして6月1日に鉢上げしたものです。  地際から16cmほどに成長していました。背丈の1/2をカットしましたので8cmほどになりました。 当時、発根の遅れた2鉢...

     カランコエ・カランディーバの夏の剪定

     夏恒例のカランコエの剪定をしておきました夏の剪定 八重咲きのカランディーバのオールキャストです。春は咲き終わった花茎(かけい)だけを切り戻していました。  間のびしているように見えますが、これは花茎の名残の部分です。下の葉が残るように剪定しました。夏に剪定しておくと、こじんまりとガッシリした株立ちで花を咲かせることができます。剪定は頂芽優勢を打破 短い茎は先端の芽だけを摘んで(摘心)、全体に地際...

     ランタナの挿し木:水挿し&土挿し

     5年ぶりにランタナの挿し木をしました挿し穂 10cmほどの挿し穂は全部で5本です。先端を斜め45度にカットして、2枚付いた葉は蒸散を防ぐために1/2にカットし、小1時間水あげしてから2本は赤玉土(小粒)に挿して、3本は観察用にそのまま水に挿しておきました。水挿し  1週間後には切り口にカルスができていました。カルスとは切り口の細胞が分裂して肥大化したもので癒傷組織と呼ばれています。発根には必ずし...