越冬シーマニア -1月-

     屋内で冬越し中のシーマニアですが移動してから1ヶ月が経過しました。一昨年のこの日は「シーマニアの悲劇」と題して憐れな姿をお届けしましたが、今年は水切れさせて葉をダラ~ンとさせる回数も減って?今のところ越冬は順調です ここまで水切れさせたのはたったの2回のみです。日当たりの良い冬の屋内は意外と乾燥しますので、水やりのタイミングが難しいですね。一昨年のこの日はせっせと枯葉摘みにいそしみましたが、今年...

    続きを読む

    シーマニアの冬越し(2011)

     耐寒温度が10℃ですので第1次越冬隊として11月20日に早々と室内に移動していました。1番花が咲いてから19日が経過し寒かったのは数日だけでしたので花数もだいぶ増えてきました  2段目の花が咲き切ったところ、前回記事中の11月7日付の蕾が咲いたということになります。1番花としてご紹介した花は散ろうとしています。憐れ “ 金魚の一夜干し ” ・・・状態です。  1段目の花茎は葉腋(ようえき)から1本しか出...

    続きを読む

    シーマニアの花が咲き始めました

     昨年は不調(あまり記憶にないほど)で花を見ませんでしたが、今年は順調に育ち久しぶりに金魚のようなユニークな花を見ることができました 【左】【6月26日】 昨年4月に鉢から抜いて鱗茎をご紹介した時の親株です。それ以降の記憶も記録もなく、地上部が枯れて今年新たに芽が出て伸びたところです。【右】【6月26日】 左側の鉢は鱗茎を株分けした3ポットを植えつけていたものです。左から順に【10月8日】【10月2...

    続きを読む

    シーマニアの鱗茎

     前回“シーマニアの悲劇”と題して葉枯れの悲惨な状態をご紹介しましたが、気温が上昇してきても依然哀れな状態のままです。購入後に植え替えもしないでそのまま越冬させていましたのでそろそろ根づまりかと思い、暖かくなったので植え替えてみようと鉢を抜いてみたらそこには驚くべき光景が。。。   耐寒温度10℃のデリケートな植物ですので寒さと水不足で枯れ気味なのかと。地面からたくさんの新芽が出ていましたので運良く“...

    続きを読む

    シーマニアの悲劇

     室内で越冬中のシーマニアですが管理不行き届きで下葉が枯れてきました  ペンタスと1、2位を争うぐらいこの室内ではとても水を欲しがるシーマニアですが、ペンタスに合わせて水やりをしていたらシーマニアの方が弱ってきました。枯れた下葉や久しぶりに花がら摘みをするとご覧のようにゴミの山に。いい加減な管理を露呈してしまいました。。。文句なしの水欲しがり第1位です。  枝葉がくっついている方がわずかながら保湿...

    続きを読む

    シーマニア

     今日も農園屋さんが来られましたが、ちょっとユニークな形をした花がありました。花つきはまばらでしたが、おもしろそうでしたので購入しました シーマニアです。 イワタバコ科ブロキシニア属の常緑多年草(球根)で、原産地はペルー、ボリビアです。以前はシーマニア属に分類されていたので現在でもこの名で呼ばれているようです。 金魚が泳いでいるように見えませんか?  近づいて見ると、ほら。 ちょっとメダボなところ...

    続きを読む

    リンク
    メールフォーム

    ハンドルネーム
    メールアドレス
    件 名
    本 文

    プロフィール

    Author:あばけん
    愛媛の田舎暮らし
    好きなだけの“素人園芸”です

    RSSリンク

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    YouTube 最新投稿動画

    再生画面右下の
    *「□」クリックで全画面表示に
    *「YouTube」クリックでYouTubeサイトへ


    最新記事

    ミニトマトつやぷるん ⑦ 主枝・側枝をトマト棚へ誘引 2017/06/23
    ユキノシタのハンギング 2017/06/19
    ランタナの七変化 2017/06/15
    オリヅルランのランナーと花と子株と 2017/06/13
    マーガレットの挿し木(水挿し) 2017/06/12

    月別アーカイブ

    スポンサーリンク