Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

     コイモ(サトイモ)栽培2017 収穫

     通常は廃棄される親イモを種芋として植え付けて、今日でちょうど6か月になりました。葉も枯れるものが出始めましたので収穫しました  梅雨明けに土寄せをして、乾燥防止用に枯草を被せたまでは良かったのですが、夏の暑さに負けて(私が)以降はほったらかし状態…。ホースで水やりを続けていたこともあって子芋が地表にむき出しになるは、新芽は伸びたままにするはで、昨年の失敗を繰り返してしまいました。  どんなものか掘...

     マユハケオモトの蕾から開花まで

     ヒガンバナ科の球根植物、マユハケオモトの蕾から開花するまでの23日間を追いかけてみました 一番最後に蕾をもったこれを追跡します  上側の葉の裏から剥離するように蕾ができます(葉を持ち上げて撮影)。  蕾が完全露出、この頃になると花茎も見えてきます。  花茎は明るい方に向かって伸びますので、鉢を回しながらお好みの位置へ。  雄しべがまだ伸びきっていないのもあって7分咲きです。 ほぼ満開になりました。 ...

     ジョウビタキが来庭2017

     今日10月30日、ジョウビタキが庭にやってきました 今年で5年目になります。あらためまして、 スズメ目ヒタキ科(またはツグミ科)の渡り鳥で、ジョウを漢字で書くと「尉」で銀髪を意味し、ヒタキは「火焚き」でパキッパキッという鳴き声が火打石を叩く音に似ているからだそうです。たまにキーキーと甲高い金属音のような声を発するときもあります。翼の二つの白い班が紋付に似ているので別名を紋付鳥(もんつきどり)と言...

     シェフレラの挿し木

     ウコギ科の観葉植物シェフレラ、掌状の葉がカポックノキ(パンヤ科)に似ていることから一般にカポックと呼ばれています。私も昔はカポックと呼んでいましたが、今はシェフレラに統一しています。さて、鉢植えの剪定枝を水挿しにしていたものがやっと発根しましたのでご紹介します挿し穂の確保  この鉢植えを親戚の玄関に飾ることにしましたので、その前に姿を整えようと株元から生えていたシュート枝を整理し、それを挿し穂に...

     タマスダレの種まき

     ヒガンバナ科の球根植物ゼフィランサス・カンディダ、通称タマスダレに種ができましたので蒔いてみました開 花  8月初め頃からチラホラ咲き始め、9月のこの頃に最盛期を迎えました。  花弁は5~6枚、同じ仲間のカリナタほどは花弁数に奇形的な多様性は見られません。お盆が過ぎて朝晩が涼しくなると、純白の花弁に薄赤紫色が混じるものが現れるのも特徴です。 純白の花弁が6枚、これが標準仕様です。種  あれだけ咲いて...

     ツルボの花 2017

     ツルボが今年も花を咲かせ始めました。キジカクシ科ツルボ亜科ツルボ属の球根(鱗茎)植物です  春に葉を出して夏には一旦枯れ、秋にまた葉を出して蕾を上げる…という奇妙な生態を見せます。  蕾が色づき始め、 咲き進んできました。山道で採取して持ち帰り、数個を植え付けて今年で4年になります。1年後は1本、3年後の昨年が3本、今年は8本の花茎を見ることができました。種が飛んだのか、2mほど離れたところで自...

     ガジュマルの雑木盆栽 ⑤ 新たな気根

     また枝が伸びてきましたので剪定しておきました切り戻し剪定  6月6日に剪定して以来の、今年2度目の切り戻しです。  6月3日に鉢上げしていた挿し木苗の2階建ても切っておきました。新たな気根 新しく伸びた気根で、鉢の中が一杯になりそうです。 色が薄い部分が今年新たに伸び始めた気根です。 挿し木(2015.5.17)から2年と4か月、少し風格?が出てきました。挿し木苗ではニンジンガジュマルのような極太の根は期...

     初めてのニンジン栽培

     15時現在、手元の温度計で気温31.3℃、湿度はなんと33.7%今シーズン初めてのカラッとした秋晴れです。今日8月31日は831で「野菜の日」。という訳で、初めて育てているニンジンの収穫を行いました種まき  五寸ニンジンです。袋の説明では暖地での春まきは3月から5月中旬となっていて、この日は5月16日ですのでギリギリ間に合いました。 予めジョウロでたっぷり水やりをしておいた畝に園芸用支柱を押し付け...